最新情報・ブログ

2017年9月20日

銀座地区震災訓練

ゼントラストの二橋です。

先月、銀座地区の震災訓練に参加しましたので、
その事について記載致します。

毎年、8月の最終金曜日の朝9時より銀座地区震災訓練は
実施されています。

今年で36回目の開催ということで長い歴史のある訓練です。

昨年は都合がつかず、不参加でしたが、
今年は勉強をと思い、参加させて頂きました。

現地に行って、まず、目についたのが人の多さです。

銀座中央通りで行われるのですが、ヘルメットや腕章をつけた
数多くの参加者様がいらっしゃいました。
毎年4000人近い人が参加されているとの事で、
銀座地区の防災の意識の高さを感じました。

今年は、火元として4月に開業した「GINZA SIX」さんで行われ、
報道関係者様も多数いらっしゃる中の震災訓練でした。

訓練内容の一環として、消防署の方々から、災害時の対応として、
消火器の使い方をはじめとして、三角巾の使い方や、
災害時の伝言板ダイヤル等、様々な事をご指導頂きました。

その後、最後は防災拠点となっている泰明小学校まで避難し
解散となるのですが、
炊きだしや煙ハウスの設置等、実際に体験できるコーナーも
数多く設置されておりました。

今年、初めて参加させて頂いて、
改めて、防災という観点を常に意識しながら、
これからも仕事に務めて参りたいと感じました。

弊社としましても、別視点となりますが、
今月発行のニュースレターにて、
火災リスクに備える消防点検に注目しました。

最後になりましたが、震災訓練に携わった、
消防署、消防団、警察署、関係者の皆様、有難うございました。